キャンプ参加時の熱中症対策について

連日の猛暑により熱中症を心配されているかと思います。
生涯学習サポート兵庫では主催事業において以下の熱中症対策を実施します。

  • いつでも参加者が自由に飲める麦茶コーナーを設置します。
  • いつでも参加者が自由に食べられる塩分チャージコーナーを設置します。
  • 集合時にネッククーラを全員に配布し、外での活動時は着用します。
  • 12時から14時までの間に20分以上の午睡の時間を確保します。(宿泊キャンプ)
  • 8時から18時までの間は1時間に1回キャンプリーダーから子どもたちに水分補給の声かけします。
  • 入浴、シャワー、水あそびなど夕方以降にクーリングダウンの時間を必ず確保します。
  • 外での活動スタート開始時に指導者より、帽子の着用、体調のチェックを行います。
  • 軽度から休ませられる涼しい部屋、もしくはスペースを用意します。
  •  氷、アイスノンなど冷却剤、扇風機もしくはうちわの用意をします。
  • 体温計を完備し、熱中症の症状がみられる場合は適切な処置、場合によっては保護者様へ連絡、病院へ搬送、重度の場合は救急要請を行います。

以上10の対策をとりますが、当日の体調や普段の生活環境で100%防げるとは限りません。
キャンプ前日には十分に睡眠をとっていただき、集合時には帽子の着用、肌にあう日焼け止めの持参等ご家庭で工夫もしていただき、万全な体調でお越しください。


参加者に配布するネッククーラー